(Illustration: 高橋マサエ Masae Takahashi)
▼ 30秒版 30sec. Animation
[ ナレーション(Voice Over) ]
What’s it like enjoying a bowl of Maruchan? It’s heartwarming like finding a new friend. Enriching like watching something grow. It’s refreshing like a change of perspective and gratifying like making every second count. Savor life’s little moments that warm you up and fill you with joy.
日本語訳:
一杯のマルちゃんを食べるとどんな気分になるでしょうか?新しい友達を見つけたような、心温まる気持ちになります。何かの成長を見守るような充実感。視点を変えたような新鮮さ、そして一秒一秒を大切にしていくような、そんな気持ちになります。あなたを温め、喜びで満たしてくれる、人生のちょっとした瞬間を味わってください。
ー 翻訳:しまはらゆうき Yuki Shimahara
特別にナレーションの音声をしまはらゆうきさんに日本語訳していただきました。(イラストレーターズ通信の翻訳サービスを利用して依頼)
▼ 15秒版 15sec. Animation
公園で女の子と犬が出会うシーンにクローズアップしています。
▼ 6秒版 6sec.Animation
6秒版では、ビーチで笑う親子のシーンをクローズアップ。
様々な人、場所が、流れるようにつながる、温かいアニメーション
ストーリーは、公園で犬と女の子が出会い、友だちになるところから始まります。何気ない日常の風景がやさしいナレーションとともに紡がれ、ふたたび冒頭のシーンへ繋がります。やさしくシンプルなタッチで、見ているひとが温かい気持ちになるように描きました。
私はキャラクター、背景のイラストレーション(アニメーションのもとになるもの)を担当。アニメーションは、アルゼンチンの3Dar。犬や女の子をはじめ、すべてのキャラクターを生き生きと、可愛らしく動かしてくれました。赤とオレンジの2色の帯(マルちゃんの人気商品「インスタントランチ」のパッケージデザインのシンボル)を効果的に使い、各シーンの繋がりを演出しています。

“Maruchan”(マルちゃん)について
日本でも即席ラーメンでおなじみの東洋水産のマルちゃん。今回は、アメリカ法人の Maruchan.inc がクライアントです。アメリカのMaruchan.incは1972年に設立。アメリカをはじめ、メキシコでも人気です。
Maruchanは例年実写CMを放送しており、今回はじめてのアニメーションCMの企画となりました。イラストレーターとして起用していただいて、本当に嬉しいです。
作品の中で描いた「Instant Lunch」(インスタントランチ)は、アメリカで販売されているカップ麺。味のラインナップもたくさんあり、14種類ほど展開されています。ほかにも、袋麺などあります。

ボストン、L.A、アルゼンチン、日本 ー4つの都市をまたいでの制作
わたしにとっては初めての海外案件となりました。広告代理店のAMP Agencyはボストン、L.Aから。アニメーションスタジオの3Darはアルゼンチン。そして私は日本。4つの都市の時間で動くことは想像以上に大変でした。時差を考慮しながらビデオ会議をセッティングしたり、日々メールでコミュニケーションを重ね制作を進めます。すべてが初めての貴重な体験となり、とても勉強になりました。制作期間中は、新型コロナウイルスの影響でステイホームの真っ只中。2020年は場所にとらわれないインターネットがきっかけのお仕事が顕著に増えましたが、ここまで大きく、場所や時間を限定しないプロジェクトに参加することは想像していませんでした。
プロジェクトチームに親切に迎えてくださったAMP Agencyの皆さんに感謝いたします。3Darのアニメーションは本当に素晴らしく、自分のイラストに命が吹き込まれ動いている姿を見ることができとても嬉しいです。

英語でのやり取り
仕事の進行はすべて英語でおこなわれるため、Eメールや書類などすべての翻訳業務はイラストレーターのしまはらゆうきさんにお願いしました。(所属しているイラストレーターズ通信の翻訳サービスを利用して依頼しています)制作期間中、ずっと併走してくださり本当にありがとうございます。

Youtube on Maruchan
この動画がいいなと思ったら、ぜひMaruhanの公式Youtube動画へ「いいね」をお願いいたします。
Maruchan 「The Feels」 2021
Client: Maruchan (U.S)
媒体:TVCM,デジタルTV,Youtube,ソーシャルメディアなど
展開地域:U.S

Concepting and Art Direction: AMP Agency (U.S)
Creative director: James Hough
Art director: Val Beckwith & Roberto Valdivieso
Senior Copywriter: Meg Lake

Animation & Sound Production: 3Dar (Argentina)
Animation director: Julian Dorado​​​​​​​

Illustration: 高橋マサエ  Masae Takahashi (Japan)

Translation: しまはらゆうき Yuki Shimaharaイラストレーターズ通信の翻訳サービスを利用して依頼)
 
イラスト制作 使用アプリケーション:Adobe Illustrator CC

You may also like

Back to Top